2011年01月11日

外壁タイルの修繕

今回の文化財保存修理工事のメインである
外壁タイルの修理を終え、剥離していたタイルも直され、
大変きれいになりました。
そして、安全面において、安心して過ごすことが
できるようになったことがなにより嬉しいです。
2010after.jpg
[修理後]

2010before.jpg
[修理前]
posted by pottery at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年12月28日

保存修理工事完了しました。

20101228a.jpg

9月より開始しました建物の保存修理工事は
無事に完了することができました。
ありがとうございました。
今後も、建物内外ともに、
文化財に相応しい保存活動をしていきたいと思います。
皆様のご理解とご協力を賜りますよう
何卒、よろしくお願い申し上げます。

本年度はたいへんお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
posted by pottery at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年12月17日

足場の解体作業

9月から始まった
文化財保存修理工事も完了間近となりました。
本日から足場の撤去作業が始まり、
来週にはきれいになった外観を覧いただけることと思います。

20101217.jpg
posted by pottery at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年11月22日

3階増築部分の耐震補強工事

11月18日、第5回
愛知県登録文化財所有者の会世話人会が開催されました。

世話人会の会議の前に、
現在進行中の名古屋陶磁器会館
保存修理工事の現場を見学して頂きました。
20101118c.jpg

現在、3階増築部分の耐震補強工事現場は、
壁がすべて撤去され、スケルトン状態です。
「リベット」を使用した鉄骨が出現!
20101118b.jpg

20101118a.jpg
これが残されているのは珍しいそうで、
「残してよかったですよ。」と、
明治村の長谷川先生から仰って頂くことができました。
また、綺麗に壁で覆ってしまう予定なのですが、
すべて覆い隠してしまうのは勿体無いことなのかもしれません。

この部分は、新築当時は屋上だった場所。
戦後直後に増築されていますので、
すでに、60年以上が経過しています。
覆われていた壁を取り除いてみると...
リベット使用の鉄骨のほかにも、
外壁のスクラッチタイルや開かずの扉が現れて、
歴史を重ねてきた足跡が続々と出現しています。
20101118f.jpg

20101118d.jpg











posted by pottery at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年09月08日

外壁等保存修理工事

名古屋陶磁器会館外壁等保存修理工事が始まりました。

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、
歴史的建造物の維持・保存事業に
ご理解賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

20100908.jpg
posted by pottery at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年09月01日

「名古屋陶磁器倶楽部」様より寄附を頂きました

20100901t.jpg

「名古屋陶磁器倶楽部」様より
当会館の修繕工事及び耐震補強工事に対し
温かいご理解のもとご寄附を賜りました。

皆様の温かいご支援に深く感謝申し上げます。
そして、
今後も業界のシンボルである名古屋陶磁器会館の
維持・保存に尽力して参ります。
posted by pottery at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

修繕工事安全祈願祭

外壁等修繕及び耐震補強工事を
9月7日より実施致します。
本日はお日柄もよく
その安全祈願祭が厳かに執り行われました。

20100901.jpg
開催前の写真です。
祈願祭の様子の写真も後日アップする予定です。
posted by pottery at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年08月19日

電気の線

20100818.jpg
電気の線を分岐するための工事。

20100818a.jpg
壁の中から出てきた電気の線は70余年前のもの。
触ると、ボロボロ剥がれてきてしまいます。
20100818c.jpg
posted by pottery at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年03月30日

バックヤード

Back_3


会館のバックヤードができました。

新築当時は和室の住居でしたので
押入れがありました。
その押入れも壊され、中からは土が見えました。
Oshiire

Tuti

posted by pottery at 12:26| Comment(0) | 修繕工事

2010年03月18日

3F耐震工事

Sankai
会館の3階の一部は
戦後増築されたものです。
耐震補強等について
明治村の長谷川先生に
ご相談させて頂きました。

Naibu
こちらはその内部の様子です。

posted by pottery at 14:23| Comment(0) | 修繕工事

2010年01月29日

修繕工事 前調査

1階から2階の旧会議室に繋がる
らせん階段が存在します。
戦後、増設されたものですが、
今は使われなくなり、
頑丈に封印されています。

諸事情により撤去することを検討するため
見積もり調査の為に2階のお部屋を見学。

Hari_2

お部屋の写真を撮影しました。
天井の大きな梁、
吊り下げられた照明は
戦後まもなく取り付けられたもの。
現在は設計事務所さんのオフィスとして
使用されています。

posted by pottery at 21:24| Comment(0) | 修繕工事

2009年09月08日

現地調査下見

Dscf8468



修繕調査下見の様子です。


posted by pottery at 14:52| Comment(0) | 修繕工事

2009年07月21日

駐車乗入口補修工事

20090718



会館玄関横の駐車乗入口の補修工事を行いました。
段差をなくすことによりスムーズに
駐車できるようにするためです。
駐車車両の一部が道路にはみ出さないように
白線が引かれました。

posted by pottery at 13:53| Comment(0) | 修繕工事

2009年04月21日

大理石

Photo
玄関内壁に使われている
大理石の欠片が落ちていました。



自然に脆くなってきているようで
大切に扱わなければいけません。



Photo_2



Photo_3
[玄関の様子]

posted by pottery at 14:07| Comment(0) | 修繕工事

2009年04月14日

花崗石

Ishi



「景観重要建造物」のプレートを設置した
左側の石のヒビが気にかかります。

B



緊急性はないようですが、
これ以上ひどくならないよう
手を打たなければ....
「新築記念帳」によりますと
この石材は花崗石
この石材はよく使われているものでしょうが...

会館ではどこの修復するにも
現在使用されていない資財ばかりで
悩みの種がつきません。
安全性と美観の問題
費用の問題を考慮しながら、
慎重に修繕を進めています。



posted by pottery at 10:26| Comment(0) | 修繕工事

2009年03月31日

ドアクローザー破損

1
2



正面玄関の扉の
ドアクローザーが落ちかかっていました。
ネジが落ちていたので
ネジが外れただけかと思いましたが
それだけでは直らないとのことでした。
もっと早く非常に気づいていればと反省しております。
扉を開けたタイミングに
クローザーが外れて落ちていたら
人災に繋がることも考えられますし、
日々チェックを怠らないようにしなければと思いました。

3
もちろん業者さんに修理して頂きましたが、
時間もかかり、補助が必要な時には
理事長自らお手伝いくださいました。
ありがとうございました。

posted by pottery at 10:38| Comment(0) | 修繕工事

2009年02月09日

スポットライト

Photo_3



第2・第3展示室にスポットライトが付きました。
特に第2展示室は小さくて暗いお部屋なのですが、
その薄暗さがまたいい感じで
レトロな雰囲気を醸し出していたのです。
しかしながら、
展示物をご覧になって頂くには問題がありまして...
スポットライトを付けることになりました。
小さいながら感じのいいお部屋です。



Tenjisitu3_1_2
[第2展示室]



posted by pottery at 16:45| Comment(0) | 修繕工事

2008年12月25日

電線

20081225dd_2

20081225d_2

だらしなく垂れていた電線、
すっきりきれいになりました。
見る人皆、
気になっていたのではないでしょうか?
今日からすっきり!です。
気になっていたものがなくなると、
別のところが気になって仕方がなくなるものですね。
少しずつ解消していきたいです。

posted by pottery at 15:05| Comment(0) | 修繕工事

塗装工事

第三展示室になる予定のお部屋、
22日より塗装工事を開始しました。
程なく終了といった段階です。

全体的に黒ずんでいましたので、
ペンキを塗り、とても明るくなりました。
窓枠・腰壁のダークブラウンと
白い壁とのコントラストが美しい。

20081225a

posted by pottery at 11:33| Comment(0) | 修繕工事

2008年07月30日

スクラッチタイルの特注

陶磁器会館の耐震調査では
柱一本の補強が必要と診断されております。



30
その柱を補強するためには、
外壁までも取り除かなければ補強できないのです。
陶磁器会館の最大の特徴でもあるスクラッチタイルは
特注で作ってもらうしかありません。
そのためにサンプルとして外壁の欠片を
業者さんが取っている写真です。
新築70余年、初めてのことです。
ちょうど穴が開いていたので、
簡単に外れてよかったです。
とことで、なぜ部屋の中に外壁がと思われますが、
新築時はテラスだったところ、
戦後に増築して部屋になったとのことです。

posted by pottery at 13:43| Comment(0) | 修繕工事