2015年07月03日

東区生涯学習センターの講座

東区生涯学習センター主催の
東区の歴史をたどる連続講座の一コマとして、
受講生さんたちがお越しくださいました。

P7032043.JPG
2階大ホールにて
名古屋陶業の歴史や当館について、
お話をお聞きいただいた後、
1階の展示とミュージアムショップを
ご見学いただきました。
P7032047.JPG

この前回の講座で、
『名古屋陶業の百年』(昭和62年、当館発行)が
話題になったそうです。
image.jpg
この本は、
業界関係者150人の回顧録です。
前半には、
『名古屋陶磁器貿易小史』(昭和12〜15年)の
明治期の回顧録がまとめられています。
明治期の資料は殆ど残っていませんので、
この回顧録は
明治期の名古屋陶業の歴史を辿る
バイブル的存在になっています。
この本には付録に地図が付いています。
image.jpg
【名古屋市内東区に於ける輸出陶磁器関係業者分布図
昭和9年6月現在】
この地図も評判がよく、
地図だけでも欲しいと言われることがありますが、
本をご購入いただいた方の特典なんです(*^^*)
ごめんなさい。

posted by pottery at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2013年05月23日

日陶連原料ビルがギャラリーに

9月17日のブログに掲載しました
日陶連原料ビル(東区代官町)が
居心地よい暮らしの空間づくりを提案する
北欧の家具などを扱うお店
Bo STYLEさんによって、
ギャラリーとして生まれ変わりました。
20130523.jpg

本日は、
『木曽の家具に寄り添う陶と野の花 展』
−吉見螢石と松田りさ 二人展−
5月22日(水)〜28日(火)までが開催中でした。
201305232.jpg

コンクリートの空間を活かした
居心地のよい空間となっていました。
作品もシンプルでとても優しい作品でした。
心癒されるひと時を過ごさせていただきました。
posted by pottery at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2012年09月17日

日陶連原料ビル

日陶連原料ビルという建物にお邪魔しました。
当館から徒歩で10分ほどの位置にあります。

陶磁器の原料を扱っていた会社の倉庫で
ぼさのばコンサートを開催するということで、
どのような演出がされるのかとても興味がありました。
会場は、小原の和紙作家の方の作品による
和紙のほのかな明かりのなか、
自然な優しい空間となっていました。
そして、
旅の音楽家丸山祐一郎さんの演奏と
奥様のこやまはるこさんの透き通る歌声に感動しました。

主催してくださった方のお話では、
陶磁器の原料の汚れが染みついた倉庫を
丁寧にコツコツとお掃除をして、
コンサートの準備をさなったそうです。
この倉庫は、間もなくリフォームされ、
上質な生活雑貨屋さんに生まれ変わります。

建物は、時代の流れとともに
陶磁器原料の倉庫としての役目は終えても、
建物を大切に思ってくださる人たちの力によって、
新たな役目を得て、活かされていくのです。
素晴らしいことですね。

20120917.jpg
写真はコンサートの後の懇親会の様子です。

posted by pottery at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2009年03月14日

文化のみちワークショップ

今年も「文化のみちワークショップ」参加しました。
今年のテーマは
「どうなる・どうする文化のみち」
会場は名古屋市市政資料館です。
1_3
[開会のあいさつの様子]

参加者全員、秘めた思いを語り合い、
有意義な4時間でした。
「町並みが壊されていく今
失われるもの、残るもの、
それぞれに理由がある。
井元邸が残ることとなったのも
奇跡のひと言では片づけられない。
その裏には長い年月を掛けた
情熱と努力があったのだ」
という言葉に感動しました。
  



陶磁器会館も建物の維持管理、
ソフト面の充実にも人手不足などの
多くの問題を抱えながら模索しています。
展示品・資料・図書の整理、
HP(業界人のお話)の更新も
滞っていることばかりで
焦る気持ちから、もがき苦しんでいるのですが、
ワークショップ終了後、
2年前まで「歩こう!文化のみち」の担当だった
もと東区役所の方から
「陶磁器会館、めきめきと変わってきているね」
と励ましのお言葉をかけて頂き、嬉しかったです。
変わっていけるのは
会館に関心を持ってくださる皆様のお陰です。
支えてくれる人がいるから頑張れる。
微力ながら、自分のできる事から一つずつ、
情熱をもってこなしていこうと思います。
 

posted by pottery at 16:11| Comment(0) | 東区

2008年11月04日

歩こう!文化のみち2008

 



「歩こう!文化のみち」無事終了しました。
恒例の転写紙体験(無料)も
年々皆さんのデザインが凝ってきていると感じました。
花びら一枚ずつ切り抜いて
並び直して貼るというアイデアには感服です。
20081103



他所の施設を回ることは出来ませんでしたが、
文化のみち二葉館発着の
人力車の係りの方が
陶磁器会館の様子を見に来てくれたので
20081103a
記念に撮らせていただきました。
とてもお似合いで素敵でしょう〜
来年は私たち陶磁器会館のスタッフも
「着物姿で決めてみましょう!」と
スタッフの間で盛り上がっています。
文化のみちには陶磁器会館を含め
ノスタルジックな装いが似合う施設がいっぱい!
来年が待ち遠しいです。

posted by pottery at 16:40| Comment(0) | 東区

2008年03月02日

愛される施設

20080303



文化のみちワークショップに参加しました。
今年のテーマは「活かす
文化のみち橦木館の今後に
テーマが絞られていました。
橦木館に関わる方々の
ご苦労話には胸が痛みました。



前半の事例報告
「類似施設の現状と活動について」 では
吹田市の浜屋敷さん、
伊勢河崎商人館さん、
揚輝荘さんから
貴重なお話を伺うことができました。

教わったこと、感じたこと、
ここには書ききれません
そのなかでも心に響いた事柄は、    
愛される施設であること
地域との関わりを大切に  
まずは挨拶から!!
人として基本的なことながら、
時にないがしろにしていしまうことも?
と反省させられました。

posted by pottery at 16:23| Comment(0) | 東区

2007年11月05日

「歩こう!文化のみち」終了

1_2
「歩こう!文化のみち」   
陶磁器会館にも1,500人を超す 
参加者の方が来てくれて、
とても賑やかな一日でした。



2_2
恒例になりました
「陶磁器に転写体験しよう!!」
先着15名はあっという間に
定員になるほどの人気。
毎年楽しみにして来てくれる
ご家族もいて嬉しいです。



3_2
ボランティアの高校生さんも
転写紙を熱心に選んでいました。
お手伝いありがとう

posted by pottery at 14:14| Comment(0) | 東区

2007年11月02日

「歩こう!文化のみち」

明日11月3日、文化の日は
「歩こう!文化のみち」
イベントが開催されます。

もちろん、休館日に関係なく、
陶磁器会館も開館してます。
10:30〜と13:00〜
転写紙体験もありますので、
遊びに来てください。

071103_bunka_2
  [今年のポスター]
黒(に近い)背景色は
賛否両論だそうですが、
私は賛成派です。
イメージ、季節感ともばっちり、
素敵!毎年楽しみ!

posted by pottery at 14:00| Comment(0) | 東区

2007年06月12日

橦木館(井元為三郎邸)

東区生涯学習センターの講座  
「歩いて知ろう東区ゆかりの人々」 
へ参加された方々が 
文化のみち橦木館(井元為三郎邸)、 
春田鉄次郎邸、そして少し離れて 
名古屋陶磁器会館へと 
見学にみえました。 
 
橦木館と名古屋陶磁器会館とは、 
関係がとても深いです。 
名古屋陶磁器貿易商工同業組合の 
事務所として、陶磁器会館の新築を 
発議された組長井元為三郎氏、 
会館には銅像もありますし、 
リンクして名古屋陶業の歴史を 
紹介していけるようになるといいです。 
徒歩15分ほどですから、 
お散歩コースにも 
程よい距離ですしね... 



20070613_1

posted by pottery at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2007年03月22日

文化のみちワークショップ2007

200702211



文化のみちワークショップ2007
参加させてもらいました。
今年のテーマは〜つなぐ〜人・まち・建物〜

今年は旧井元邸の保存が決定し、
関係者の皆様の感慨もひとしおです。
井元邸(橦木館)に関わっていらした方の思い出、
こらからの井元邸のあるべき姿、
どの方のお話も印象深く、
考えさせれることばかりです。

人と人とのつながり
おもてなしの心
どんな時でも忘れずに大切にします。

posted by pottery at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2007年02月01日

橦木館 名古屋市が取得

1月29日の中日新聞夕刊に  
名古屋市が「橦木館」の取得を決定した
というニュースが載っていました。



記事によりますと、
「文化のみち」事業のさきがけにもなった「橦木館」〜
井元さんの好意で同館が文化活動の拠点
として市民に開放されてきた〜
などと書かれていました。



橦木館の魅力に惹かれ、
先人の残した史跡を守り続けようと
活動してこたれた方々のお力ですね。
心よりお慶び申し上げます。 

「橦木館、今後どうなるの?」と心配するだけで
何のお手伝いもできず恥ずかしい限りです。

posted by pottery at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2004年11月12日

ガイドボランティア

20041112昨日は、
全国女性教育連盟愛知県支部の方々が
陶磁器会館にお集まりになり
名古屋陶業の話を
熱心にお聞きになっていかれました。

その後は、東区ガイドボランティアの方と
豊田佐助邸まで、町並み散策のご予定でしたが、
雨は小降りになってくれたでしょうか?

昨日、ガイドされた方は北区にお住まいだとお聞きし、少し驚いてしまいまいた。
(東区で生まれ育った方かと、勝手に思い込んでいましたので。)
この地域には 東区ガイドボランティアの会
東区まちそだての会などの会があり、
その方々とお話する度に
この街を大切にしている人達の意識の高さに感心させられます。

私もこの地域で働く者として、
この土地の歴史を学び、文化に触れ、愛していきたいと思っています。
posted by pottery at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区