2016年12月27日

【スタッフ募集のお知らせ(急募)】

急募いたしました新スタッフは決定いたしましたので、
募集を終了させていただきます。
ありがとうございました。
---------------------------------------------
名古屋陶磁器会館で働いていただける方を募集いたします。
簡単なパソコン操作(ワード、エクセル)ができる方。
人と接することが好きな方。
何より陶磁器会館に関心のある方を急募いたします。
陶磁器会館外観2.JPG
フルタイム、パートタイムどちらでも募集いたします。
関心のある方は、
名古屋陶磁器会館 担当の佐地までご連絡をお願いいたします。
【電話】052-935-7841
【e-mail】pottery@nagoya-toujikikaikan.org
なお、12/29〜1/4は休館となります。
休館中は、佐地個人メールアドレス
saji.ngo@jasmine.ocn.ne.jpまで
お待ちしております。
posted by pottery at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年12月28日

本年度中はありがとうございました。

本年度中は多くの方々よりご支援・ご指導いただきまして
ありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願い申しあげます。
3.JPG

展示室は、1月11日(月・祝)まで休館します。
また、1月中は企画展示準備と資料整理のため
作業中になりご迷惑をおかけすることになります。
ご理解とご協力をよろしくお願いします。
(事務所のお休みは、12月29日(火)〜1月4日(月)です)

それでは、皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
posted by pottery at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年05月07日

ものづくり文化再発見!ウォーキング

6月7日の日曜日に
ものづくり文化再発見!ウォーキングが開催されます。

当館も
9時30分〜13時まで特別開館し、
皆さまのお越しをお待ちします。

参加者の方々には、
楽しみながら、
名古屋のものづくりのことや、
文化のみちのことや、
陶磁器会館のことなどを
知っていただけたらと思います。
お楽しみ抽選会には、
当館からのプレゼントもあります(*^^*)
image.jpg
ミニチュアのブーツ型楊枝入れ

ものづくり文化再発見!ウォーキングについては、
下記からご覧いただけます。
http://www.kernel.co.jp/walking/
posted by pottery at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2013年10月17日

陶製ブレーキシュウ

戦時下の金属回収により、
金属の代用品として様々なものが陶磁器で作られました。
当館では、
「手りゅう弾」と「防衛食器(缶詰)」を所蔵しています。

本日、その頃に瀬戸電で使用されたと思われる
陶製の「ブレーキシュウ」について調査されている方が来館され、
瀬栄陶器で製造されていたのではないか?
その当時のことをご存じの方がいらっしゃれば。。。とのことでした。
20131017.tif
残念ながら、現在のところ、何の手がかりもありません。
その当時のことをご存じの関係者の方も。。。

何かご存知の方、ご一報ください!!
posted by pottery at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年09月14日

陶磁器会館に鞄屋さんがオープンしました

名古屋陶磁器会館の1階に
手作り(手縫い)の鞄屋さんがオープンしました。
103c.jpg
入口の看板も手作り。雰囲気ありますね。

103b.jpg
ショップの様子はいかがでしょう。素敵な空間ですよ。

103d.jpg
カウンターの向こうに写っているのがオーナーであり職人!
いつもこのカウンターに座って、手作りしています。
とてもフレンドリーで優しいオーナーさんなので、
気軽にショップをのぞいてみてくださいね。

オープン時間は、
日曜日〜金曜日の11時〜17時
土曜日はお休みですが、時々開いているかも?

103a.jpg
ショップには、シルバージュエリーのコーナーも。
こちらの商品も当館の店子・ジュエリーデザイナーさんの作品です。
とってもかわいいデザインなんですよ。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月20日

愛知県陶磁資料館でプリント体験

愛知県陶磁資料館開催中の展覧会
「阿蘭陀焼 
憧れのプリントウェア―海を渡ったヨーロッパ磁器」
ワークショップ
「マイ・プリントウェアを作ろう
  −銅版転写で絵付け体験−」に参加しました。

20110219d.jpg
素焼きのお皿に転写紙を置いて、デザインを決めます。

20110219f.jpg
たっぷり水を含ませた筆で転写紙を押さえていきます。

20110219.jpg
紙を剥がすと、お皿に絵具が染み込んでいます。

20110219r.jpg
仕上げに、ろくろを使って、お皿の淵にラインを引きました。

初めてでも簡単に転写できるので、
とっても楽しかったです。
posted by pottery at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年04月20日

お花と白生地

先日のテーブルコーディネートの講座で
使用した教材のお花を
先生が置いて行って下さいました。


Dscf1921

Dscf1922

花器は当館所有の白素地です。
絵付けや転写体験教室で使用する素地、
大量に保管している中から選んだのですが、
見慣れた白素地が、
お花を飾ったら見違えて見えます。
posted by pottery at 16:19| Comment(0) | その他

2009年10月28日

Welcomeボード

Welcome_2



会館のWelcomボードが完成しました。





絵付け教室の先生にお願いしたものです。
正面玄関で皆様をお出迎えします。
Welcome2



posted by pottery at 16:22| Comment(0) | その他

2009年08月07日

レトロさんぽ 名古屋・愛知編

Dscf8187

「レトロさんぽ 名古屋・愛知編」が発行されました。
名古屋陶磁器会館も掲載して下さっています。

冒頭に感動的な文章が載っていましたので、
思わず紹介したくて
以下に引用させて頂きました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
街を歩いているとき ふと目に止まる風景があります

絵本のなかに出てくるような 美しい洋館
味のある格子戸がはめられた 木造の日本家屋

ずっと昔から地元の人たちによって愛されていて
その年月や自信が たたずまいにあらわれている喫茶店や洋食屋

新しくつくられたものたちのなかで
長い年月を経たものに ひかれるのは
それらがまとった時間の重みだけではありません

次々と新しいものが生まれてくる時代
古いものを残していくのは 時代遅れという人もいらっしゃるでしょう

けれどはるか昔から 今ここにあるということは
古いものを大切にしたいと思う人が存在していたということ
そして その思いを受け継ぎ 実現してきた人がいるということ

思いが引き継がれているからこそ
輝きが増しているものも確実に存在するのです
この本のなかには そういったものをたくさん集めました

懐かしさや愛しさを感じられる ちょっとした時間旅行におつきあいください
----------------------------------------------------------------------------------------------------
[レトロさんぽ 名古屋・愛知編より]

posted by pottery at 11:50| Comment(0) | その他

2009年06月26日

エアコンの設置

1_5
エアコンの設置の為に、板に色塗りをしました。
なぜ?かと申しますと...
スクラッチタイルの外壁が特徴の文化財建造物、
むやみに壁に穴を開けることも出来ませんので、
エアコンの設置場所も限られます。
歴史的建造物ですから、
エアコンが似合うはずはありません。
そこで、少しでも違和感のないように
エアコンの設置場所である
窓枠と同色の板で目隠しをするという作戦です。

1_3_2
[故障したエアコン取り外し前]



1_4_2
[新しいエアコン設置中]



作戦は見事成功でした。
この部屋素敵でしょう。
新築時は応接室として造られました。
とても残念ではありますが、
現在は貸室ですので一般公開はしておりません。



Photo

posted by pottery at 22:14| Comment(0) | その他

2009年06月08日

クラッシクなお店さんぽ

Photo



「クラッシクなお店さんぽ」
愛知県版が来月発行するそうです。
名古屋陶磁器会館も掲載してくださるとのことで
本日取材して頂きました。
<京都・大阪・神戸>版の本を見せてい頂いたのですが
クラッシックな建物のご紹介ということもあり
写真が素晴らしかったです。
愛知県版も期待してしまいます。

posted by pottery at 14:07| Comment(0) | その他

2009年06月05日

東海ラジオ「天野良春”リアル”」

Dscf7680



本日は東海ラジオの番組の取材がありました。
番組は「天野良春”リアル”」
番組のご紹介HPもご覧ください。



http://tokairadio.co.jp/blog/haru/index.php?ID=9





パーソナリティの天野さん、アナウンサーの成田さん、
製作課の森川さん、みなさん
陶磁器会館の見学は初めてとのことで、
楽しんでいただきました。

放送は6月20日の土曜日8:30〜とのことです。

posted by pottery at 15:24| Comment(0) | その他

2009年03月31日

橦木館の展示寄贈

今朝、陶磁器会館が所蔵していました
井元商店(現、井元産業)さんの品々が
運ばれて行きました。



2
1
とってもキュートな花柄カップも
運ばれて行ってしまいましたが、
近いですからいつでも会えますね。
何度も申し上げておりますが
カップの内側に絵を付けるのは難しいです。
そのような点にも注目してご覧頂きたいと思います。



下の写真は帽子掛けだそうです。
珍しい品です。
3



posted by pottery at 16:54| Comment(0) | その他

2009年03月25日

橦木館の展示

7月に開館予定の
文化のみち・橦木館の常設展示計画も
大詰めにきているようです。
井元商店さんの古い看板や法被など
いろいろ残されているようで驚きました。
「明治から」とメモの付いたアルバムは
まるで一枚一枚が
映画のワンシーンのようで素敵です。
会館からも陶磁器を数点寄贈することになると思います。



井元為三郎氏が受賞した
「パナマ太平洋万国博覧会」と
「アラスカユーコン太平洋博覧会」の
賞状はレプリカを作成し、
橦木館にはレプリカを展示するというお話になりました。



「パナマ太平洋博覧会」の賞状は現在、
第1展示室の天井近くの壁に展示しています。
天井が高いので遠いです。



1



こちらは「アラスカユーコン太平洋博覧会」の賞状です。



2

posted by pottery at 13:13| Comment(0) | その他

2009年03月16日

近代建築等の保存活用セミナー

3



近代建築等の保存活用セミナーが
名古屋市都市センターで開催されました。
名古屋市都市景観室の主催です。



名古屋には近代建築が200件ほど
残されているとお聞きしました。
他の地域の事例なども参考に
保存活用を学ぶ場
今回を初めとし回を重ねていくとのこと。
陶磁器会館もそうですが、
多くの近代建築の持ち主が
悩みを抱えている現状
今後もいろいろ学ばせて頂きたいと思います。

posted by pottery at 20:50| Comment(0) | その他

2009年02月05日

ステンドグラス

日本のステンドグラス研究家
田辺千代氏が見学にお越しくださいました。
今年7月にリニューアルオープンする
「橦木館」のステンドグラスの調査を依頼されていたそうです。



Sutendojpg

陶磁器会館のステンドグラスの説明もしてくださいました。
「真ん中の白は陶磁器の白を象徴するもの」
ということがご覧になってすぐにわかったそうです。
なるほど!納得です。
陶磁器会館に相応しいデザインが
しっかり成されていたのですね。
今まで気づきませんでした。

建物のあちらこちらの装飾を
そんな風に見ていったら、
お宝探しのようでさらに楽しくなります。

posted by pottery at 16:42| Comment(0) | その他

2009年01月16日

玄関

Dscf5100



玄関から置き時計とコート掛けがなくなってしまと
ちょっぴち寂しい気がします。
(数日前までは何もなかったのに)



ここへは現在修復中の
竜の陶板を飾りたいと思っています。
修復が完了するのが待ち遠しいです。

posted by pottery at 13:50| Comment(0) | その他

旧名古屋証券取引所の備品

旧名古屋証券取引所から譲り受けた
置時計とコート掛け
玄関から廊下へと移動しました。
こちらの方がより落ち着いて良いようです。
どこに置いてもすんなり馴染んでしまうところが、
たまらなく嬉しいです。

2
Photo_3

posted by pottery at 13:45| Comment(0) | その他

2009年01月13日

樹木伐採(二回目)

20090113a
20090113



会館裏庭の老木を伐採してしまいました。
半分は病気のようで
倒木の恐れもあるとのことでした。
青々と茂み、すくすくどこまで育つのだろう?
と思うほど元気そうに見えていましたが。
悲しいことに、切株となってしまいました。



樹木伐採と同時に裏庭はさっぱりリセット!
20090113aa

新たに
会館を見守り続けてくれた切株さんも生かし、
美しい裏庭へと変身させたいと思います。
井元為三郎翁銅像も見学していただきたいですし...

posted by pottery at 11:59| Comment(0) | その他

2009年01月08日

旧名古屋証券取引所

Genkan
平成19年、旧名古屋証券取引所より譲り受けました
置時計とコート賭けを会館の玄関に配置しました。

Okidokei
上部のテンドグラスとのバランスも絶妙で、   
存在感がありながらも、 
会館の雰囲気にすっかり溶け込んでいます。
「以前からここにあった?」
と思わせるほどです。
Kotokake
反対側のコート掛けも 
旧名古屋証券取引所の 
特別応接室に置かれていたという
素晴らしい調度品です。 
玄関に鏡があるのはいいですね。 

posted by pottery at 15:37| Comment(0) | その他