2016年08月31日

夏休みの絵付け体験

夏休みも終わり。
今年も夏休みを利用して
たくさんのお子さまたちに
絵付け体験を楽しんでいただきました。

ご近所のお子さま、
ご姉弟での転写絵付け体験の様子です。
1.JPG
夏休みの思い出の1ページに。

2.JPG
可愛い作品が出来上がりました。
posted by pottery at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2016年08月29日

東海中学の生徒さん建物見学

本日、東海中学の学生さんたちが建物見学に来てくれました。
P8290156.JPG
まだ夏休み中で、蒸し暑いなかにも関わらず、
たくさんの生徒さんが参加してくれていました。
建物にも、展示作品にも
大変興味をもって見学してくれていました。

本日は、当館から1kmほどの距離にある
”日本陶磁器センタービル”と合わせて見学です。

東海中学の講堂、日本陶磁器センター、当館は、
同じ名古屋市東区にあり、
国の登録有形文化財に登録されている近代建築です。
建築年代も昭和初期、同年代の建物です。
posted by pottery at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学

2016年08月27日

エッチング(金腐らし)

陶磁器上絵付け技法のなかに、
”金腐らし”という技法があります。
1.JPG

2.JPG
”金腐らし”はフッ化水素を使って、
素地の表面を釉薬ごと腐食し、
腐食した部分とそのままの部分とで、
凹凸ができます。
そこへ金液を塗って焼成すると、
凹んだ部分はマットな金となり、
見事な金彩模様が施されます。
フッ化水素は劇薬ですので、
今ではこの技法を再現することは出来ません。

今では、
”金腐らし”技法に代わりに、
”サンドブラスト”技法が用いられています。
今回、
サンドブラスト加工の作業現場を見学させていただきました。

サンドブラスト加工は、
主に、ガラスに模様を施すのに用いられています。
0.JPG

研磨剤(砂)の圧力でガラスや陶磁器を削るので、
砂が飛び散らないように、
作業は、大きな機械の中で行われます。
4.JPG

5.JPG

6.JPG
機械の中の様子です。
削る深さはミリ単位で調整できるそうです。
もちろん、熟練の技がなければ出来ません!

3.JPG
陶磁器に転写紙(青色部分がマスキングになっている)を貼って、
サンドブラスト加工すると、
7.JPG
青色の部分以外は綺麗に削れて、
凹凸が出来上がっています。

簡単に紹介してしまいましたが、
この道35年の熟練の技は見事でした。
まだまだ、新しいものに挑戦、開発されているそうで、
貴重な体験をさせていただきました。

サンドブラストの工程はここまで。
この後は、
陶磁器絵付け作業になります。
金を塗って、焼成して仕上げます。
焼成後の作品が届きましたら、
また、ご紹介したいと思います。
posted by pottery at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 技法

2016年08月25日

名古屋陶磁器貿易商社の研究

当館(一般財団法人名古屋陶磁器会館)内には、
事務局がいくつもあります。
名古屋文化遺産活用実行委員会、
愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会、
名古屋陶磁器産業歴史文化研究会です。

名古屋陶磁器産業歴史文化研究会は、
平成23年に発足し、
文字通りの研究を行ってきました。
このたび、研究テーマとして、
「名古屋陶磁器貿易商社の研究」が始動しました。

当館の周辺、名古屋市東区周辺には、
輸出陶磁器産業の全盛期には、
500以上もの陶磁器貿易商社が存在していました。
現在は、数社が残るのみの現状で、
ほとんどの商社には社史もなく
その記憶までもが消えようとしています。

そこで、商社とその関係会社である
絵付けメーカー、素地製造メーカー、乙仲などなどの
記録をまとめることを実現したいとの想いから
始動した研究活動です。

「名古屋陶磁器輸出商社の研究」
第一回は、商社の全体像を
元日本陶磁器輸出組合専務理事 近藤進氏よりお話いただきました。

第2回は、ノベルティメーカーの老舗
元加藤工芸鰍フ加藤勇夫氏と
蟹MARUYO池田洋幸社長(瀬戸陶磁器工業協同組合理事長)より
瀬戸のメーカーと名古屋商社との関係についてお話いただきました。
P6231276.JPG
【名古屋陶磁器貿易商社の研究 第2回の様子】

第3回は、名古屋市東区の商社
潟Tンワールドコマース代表取締役社長 科野栄蔵氏より、
”陶磁器食器プレミアム市場”関連のお話や、
バイヤーと商社の関係など、お聞かせいただきました。
P8251767.JPG
【名古屋陶磁器貿易商社の研究 第3回の様子】

次回、第4回は、
名古屋市東区の元商社
潟ーナイテッド・チャイナ・アンド・グラス・カンパニー・ジャパン(U.C.G.C)、
潟Xドーの方からお話をお聞かせいただく予定です。

U.C.G.Cについては、
「業界人のお話」第26回
常務取締役でいらした水野益次さんから
設立の経緯からお伺いした記録を留めています。
http://nagoya-toujikikaikan.org/gyokai/gyokai_26.html
posted by pottery at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2016年08月21日

わいわいキッズテーブル報告

食空間コーディネート協会中部支部主催
わいわいキッズテーブル
8月6日と21日に開催しました。
P8061508.JPG

P8061492.JPG
オリジナルランチョンマット作り、
とっても可愛く出来上がりました。
P8061497.JPG
毎日の食卓が楽しくなりそう(*^_^*)

P8061501.JPG
どっちにご飯を置くのかな?
お箸の向きは?
イラストでわかりやすく学べました。

P8061506.JPG
上手なお箸の使い方も
ゲーム感覚で楽しそうに(*^_^*)

お家での毎日の食卓のなかで、
大切な食文化を、
育んでもらえたらお思います。

2016年08月18日

四つ活人形(その2)

IMG_9370.jpg
名古屋のメーカーさんが製造された”四つ活人形”。
手足の動き加減も程よく、
良く考えてあるな〜と感動します!!

構造はどうなっているのかな?と
気になって内部をのぞいてみると...
IMG_9399.JPG
手と足を連結しているゴム紐は真新しいものです。
磁器は50年以上経っても劣化しませんが、
ゴム紐は劣化してしまい
手足がバラバラの状態になっていたので、
新しいゴム紐で結び直したそうです。
一体一体、手仕事による再生です。
昔は、何千、何万ものお人形が海を渡っていたのですから、
たいへんな作業だったことと思います。

IMG_9406.JPG
どうやって結んでいるのかまでは解明できません。

お洋服は、サンプルとして一着のみの新調です。
お洋服によって、表情が変わるので、
いろんなお洋服を着せてあげたいな〜と思います。
洋裁のお得意な方、いかがでしょうか。
夏休みはもう過ぎ終わってしまいますが、
お子さまとご一緒に、
お洋服作りも楽しそうです!(^^)!

裸の状態の”四つ活人形”ビスクベビードール
当館のミュージアムショップにて販売しています。
(手仕事による連結ですので在庫のない日もあります)
販売価格は、2,000円です。
ご興味のある方は、ぜひ、お越しくださいませ!(^^)!
posted by pottery at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2016年08月17日

四つ活人形(なごや産)

IMG_9371.JPG
「四つ活人形」と呼ばれるビスク人形
手と足の付け根部分がゴムで連結されていて、
自由に動かすことが出来ます。
「四つ活人形」は
ノベルティの生産地として有名な瀬戸市で
古くから製造されていましたが、
こちらの人形は、
およそ50〜60年前に
名古屋のメーカーさんが製造し、
アメリカで販売されていたものです。
その当時は、ネット販売など存在しない時代ですから、
カタログによる注文販売で人気を得ていたそうです。

IMG_9369.JPG
四つ活のビスクベビードール
新しいお洋服を着せると全く違う表情に...
IMG_9370.JPG

IMG_9373.JPG
手足を自由に動かすことができるビスクベビードール。
(首も動きます)
輸出用ですので日本人にとっては、
とても珍しく、貴重なお人形です。
このようなお人形が、
名古屋でも製造され、輸出されていたことを、
多くの皆さまに知っていただくためにも、
当館のミュージアムショップで販売できたらと思います。
posted by pottery at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2016年08月08日

昭和レトロカフェの様子

当会2階大ホールにて開催された
「昭和レトロカフェ」の様子です!(^^)!
昭和レトロカフェを企画した
M&M企画さんより写真をご提供いただきました。
(撮影は水野圭次郎さん)

13942549_935832066543565_1936097862_n.jpg
扉を開けると、
まるでタイムスリップをしたような異空間の演出です。
場内は、終始、賑やかで、
昭和チックな音楽が流れ、異空間そのものでした。

13941169_935832216543550_464845325_n.jpg

13933237_935831996543572_1452622555_n.jpg
メインの特設喫茶室では、
美味しくて感激!!のカレーパンとシベリア。
13933522_935835836543188_992125443_n.jpg

そして、
昭和初期の喫茶室を偲ばせる
白いエプロンをした可愛い女の子たち。
会場の雰囲気を一気に盛り上げてくれていました。
13988898_935832083210230_554021556_n.jpg

ジャズコンサートも素敵でした。
13933314_935835879876517_253238185_n.jpg

昭和乙女写真館、カワイイレトロ庵、
モダンガールのスゝメ展、昭和乙女かつら亭、
うちわ似顔絵、街頭占い師も大変な人気でした。

10月16日(日)
『昭和レトロカフェ』文化祭
平成モダンガール・淺井カヨ女史の講演が開催予定です。
題目:『麗しきモダンガールの休日』と書いてあります。
次回は、どのような形になるのか楽しみです!(^^)!
posted by pottery at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年08月02日

ジャズコンサートのお知らせ

8月7日の日曜日、2階大ホール
(昭和レトロカフェのイベント会場内)にて、
ジャズコンサートを開催します

当館ではお馴染みのサックス奏者・加藤大智さん、
ピアノの平光広太郎さん、
今回初となるボーカルのJunkoさん
名古屋を中心に活躍する若手アーティスト
3人によるスペシャルライブです。
ジャズコンサート.jpg

曲目は、ジャズスタンダードのほか、
ジブリの音楽など、
大人も子どもも一緒に楽しめるジャズコンサートです。
昭和レトロな会場もお楽しみいただけます(*^_^*)

午前11:00〜12:00と午後1:30〜2:30の2部制です。
大人1,500円、小学生1,000円(ワンドリンク付)、
未就学児は無料です。
お気軽にご参加いただけますので、
夏休みの楽しいひと時をご一緒にいかがでしょうか。

ご予約が必要ですので、
昭和レトロカフェのHP 
よりお願いいたします。
http://showaretorocafe.jimdo.com/
チケットは当館でも販売中です(*^_^*)13669489_927784113998506_375934162225610226_o.jpg
posted by pottery at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年08月01日

子どもたちの転写絵付け体験

P8011500.JPG
夏休みを利用して
近くの学童保育の子どもたちが
転写絵付けの体験に来てくれました。

一年生の子たちは初めての体験ですが、
3年生の子たちは、
今年で3回目ということもあって、
転写紙を貼る作業はお手のものです。
P8011521.JPG

デザインもこだわって、
P8011508.JPG

難易度の高い、
カップの内側へも上手に貼っていました。
P8011517.JPG

また、来年の夏休みも
楽しみにお待ちしています(*^_^*)
posted by pottery at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業