2013年06月28日

「業界のお話」を更新しました。

「業界のお話」第30回は、
名古屋輸出陶磁器協同組合の職員として
48年もの間業界を見続けてきた小椋寿紀さんです。

名古屋輸出陶磁器協同組合は、
設立(昭和24年)から平成14年に解散するまで、
名古屋陶磁器会館の中に事務所がありましたので、
小椋さんは、名古屋陶磁器会館のことも
ずっと見守ってきた方です。

http://nagoya-toujikikaikan.org/gyokai/gyokai_30.html
posted by pottery at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界人のお話

2013年06月24日

「いくいくみしる」

文化のみちで開催するイベント
「いくいくみしる」は、
今年が2年目になります。

名古屋陶磁器会館では、
10月13日の日曜日に、
ものづくりの験教室などなど、
いくつもの企画をご用意しています。

本日は、
転写紙絵付け体験の先生方に、
見本を作っていただきました。
20130624-6.jpg

磁器製の小物入れと写真立てに、
転写紙を貼っていくと、真っ白だったものが、
かわいらしいデザインに仕上がっていきます。
20130624-3.jpg

20130624-4.jpg

20130624いくいく見本.jpg
20130624いくいく見本2.jpg
800度の窯で焼付けて、完成した見本です!

「いくいくみしる」の開催は
2013年10月12日〜14日ですが、
陶磁器会館は、13日の日曜日のみ!
一日限定のワークショップ
「ワクワクみしる」として参加する予定です。
他のワークショップについては、
別の機会にご紹介させていただいますので、
よろしくお願いします!
posted by pottery at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年06月22日

愛知登文会総会(25年度)

愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会
第3回定期総会を開催しました。
今年の会場は名古屋陶磁器会館でした。

愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室長
山本雅夫様よりご祝辞をいてだきました。
20130622.jpg

京都府国登録有形文化財所有者の会より
大川淳治様がお越しくださり、ご祝辞をいただきました。
20130622a.jpg

魚津社寺工務店の魚津源二会長より
”先人の知恵と心を語る”
社寺建築の耐震補強における、匠の技と美
と題してご講演いただきました。
20130622f.jpg

総会・講演会後の茶話会では、
皆さんがご持参くださった
地元のお菓子やお酒をいただきながら歓談タイム!
20130622b.jpg

犬山市の「忍冬酒」、半田市の「南吉の里」、一宮市の「大吟醸」
20130622c.jpg

犬山市の明治村博物館イチオシのサブレ
パッケージも可愛くてお土産にぴったりです。
20130622d.jpg

半田市のふところ餅は、
色がとってもカラフルで味も見た目も楽しめます。
20130622e.jpg

その他にも、おいしいものがいっぱい〜
京都の八つ橋、
犬山のげんこつ飴、
新城の酒まんじゅう、若あゆ(もなか)、
名古屋市西区の豆福、もなか、
シュークリームやクッキーやあられなど、
地元の人が皆さんに食べていただきたい名菓!
そのおいしさに、誰もが幸せな気持ちになりますね。
楽しいひと時をお過ごしいただけましたでしょうか。

皆さま、本日はお越しいただきまして、
ありがとうございました。
posted by pottery at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2013年06月21日

橦木館で打合せ

文化のみち(名古屋市東区)にある
橦木館(旧井元為三郎邸)にて打合せ!
20130621.jpg

陶磁器9月29日(日)橦木館にて
陶磁器上絵付けの実演が決定!

名古屋絵付けの代表技法
「イッチン」を使用した盛り絵の実演を
皆さまにご披露いたします。

実演は写真のお二人、
一級技能士の安藤栄子先生、杉山ひとみ先生です。

20130621a.jpg
打合せ場所は、橦木館の中にある「橦木館カフェ」
このカフェのコーヒーは、
フェアトレード、オーガニック、シェイドグロウン(日陰栽培)、
そのこだわりの味は、とてもおいしいく、
カップの柄「LOVE YOU LOVE ME」もいいですね。
posted by pottery at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2013年06月14日

東山小学校転写紙絵付け体験

今年も、東山小学校の6年生の子供たちが
転写紙の絵付け体験にきてくれました。
20130614-6.jpg
午前、午後、総勢64名の子どもたち、
みんな、とっても楽しんで、盛り上がっていました!
動物のシールが大人気かな?

みんなが楽しく、無事に体験会を実施できるのも、
ボランティアの方々のご好意のおかげです。
いつも感謝しています。

20130614-1.jpg
展示の解説をしていただいたり、

20130614-3.jpg
転写紙の絵付け方法を説明している間に、
転写紙を浸すタッパーにお湯を注いでくれたり、

20130614-4.jpg
子どもたちに優しく指導してくれるボランティアの方々

20130614-7.jpg

20130614-5.jpg
お疲れさまでした。ありがとうございました。
posted by pottery at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 転写体験

2013年06月10日

名古屋陶磁器産業歴史文化研究会

25年度第1回の研究会を開催しました。
富山大学芸術文化学科古池嘉和教授より、
「やきもの里探訪」報告として、
-産地を訪ね、今想うこと-
お話しいただきました。
20130610-1.jpg
それぞれのやきもの産地の特徴や変化、
特に印象的な産地は、壺屋(沖縄県)でした。

20130610-2.jpg
午後からは、今年度実施予定の
「職人の技の伝承塾」や
「伝統技法を伝える体験教室」の打合せをしました。
ひとりでも多くの方に、
名古屋絵付けの魅力をお伝えしたいと考えています。
20130610-3.jpg
体験教室で使うアイテムを思案中です。
posted by pottery at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶磁器産業歴史

2013年06月04日

ギャラリー金山

ギャラリー金山にお邪魔しました。
明治時代の輸出用陶磁器の数々、
その膨大な展示作品に圧倒されます。
20130604.jpg
(通常は写真撮影は禁止です。特別に許可をいただきました。)

宮川香山、錦光山、オールドノリタケをはじめ、
明治時代の輸出用陶磁器はすべてコレクションされています。
SUMIDA(隅田焼)のコレクションは、
このギャラリーでしか拝見することができないのではないでしょうか。
無料で鑑賞させていただけるのですから驚きです。
作品のすべてを鑑賞するのに一日では足りません!

ギャラリー金山は、
名古屋市中区金山3-5-20
JR中央線高架下(金山総合駅より600m)
●開館10:00〜18:00
●毎週水曜・第1、3木曜休館
posted by pottery at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2013年06月03日

近代国際陶磁研究会講演会

近代国際陶磁研究会主催の講演会では、  
京都市美術館学芸員の中谷至宏氏より
「近代陶芸と「工房」−宮永東山窯の調査を通じて―」 
愛知県陶磁美術館主任学芸員の佐藤一信氏より
「清水家・諏訪家における調査報告」として、
近代窯業を牽引した京都の窯元についてのお話を
拝聴させていただきました。

20130602-b.jpg
講演会場のお隣のお部屋では、
「近代のやきもの展X」京都編が開催され、
明治、大正、昭和の逸品が展示されていました。
面相筆で描かれた細かい装飾に感嘆です!
posted by pottery at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展(他館)

2013年06月02日

愛知県陶磁器技能士会展

瀬戸蔵ミュージアムにて
愛知県陶磁器技能士会展が開催中です。
20130602.jpg

手ロクロ、原型、下絵付け、上絵付け、
会員の皆様、それぞれの
卓越した技術を鑑賞することができます。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展(他館)

2013年06月01日

愛知県陶磁美術館 開館35周年

愛知県陶磁資料館(旧名称)にて
開館35周年
「愛知県陶磁美術館」新名称記念式典が行われました。
20130601-N.jpg

新キャラクターと新愛称
20130601-T.jpg20130602-S.jpg

名称変更を記念して、
開館三五周年・新名称施行特別企画展
「−日本・中国・韓国―
 陶磁の名品、ここに集う」(7/28まで)の開催をはじめ、
イベントが盛り沢山開催されていました。

体験事業では、
画用紙にお絵かきをして、
20130601-1.jpg

白い壺(やきもの)に投影させると、
20130601-3.JPG

平面の絵が立体的に絵付けされる!
20130601-SS.jpg
20130601-S.jpg

この技術は、
12月に東京駅で映像を投影するショーが行われ
見物客が殺到したことでも話題になった
プロジェクションマッピングという技術。
大変おもしろい試みでした。

子どもも大人も大興奮で、
参加したみんなの絵が投影されるたびに、
「わ〜」っという歓声が上がっていました。
posted by pottery at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展(他館)