2013年01月31日

Occupied Japanのノベルティ

クリスマスの展示が終わりましたので、
展示替えをしています。
春を迎える季節になりましたので、
可愛いお花を配ったデコレーションアイテムたち。
20120131a.jpg

なかでも珍しい作品は、
Made in Occupied Japanのノベルティ
戦後の1947年〜1952年頃に造られた作品です。
顔の表情、衣装の質感や装飾など、
造形、絵付けともに美しい逸品です。
実物を細部まで鑑賞していただき、
原型師さんや絵付け職人さんたちの、
作品に込められた想いを感じていただければと思います。
20130131.jpg

posted by pottery at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示

2013年01月22日

連続講座第10回(最終回)のお知らせ

2月8日(金)16時より
名古屋陶磁器会館連続講座 
第10回、今年度の最終回を開催します!
renzoku10.JPG

最終回のテーマは、
「産業から文化、そして再び創造へ
 〜名古屋陶磁の可能性〜」
名古屋文化遺産活用実行委員会会長
古池嘉和(富山大学芸術文化学部)教授よりお話いただきます。

名古屋陶磁器会館周辺(名古屋市東区界隈)は、
輸出陶磁器産業の中心地であったけれど、
「産業」は衰退してしまった...
けれど、
「産業」とともに蓄積された「文化」が残されている。
その無形・有形の「文化」資源を活用して、
「何かおもしろいことができないか〜!?」
そんな可能性についてお話いただきます。

少しでもご興味のある方、
ぜひ、ご参加くださいませ!
ご予約は、
info@nagoya-toujikikaikan.orgまで。
posted by pottery at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2013年01月18日

1月のテーブルコーディネート

IMG_5528.JPG

今月は、アースカラーを使ったエスニックなテーブル。
重厚な中に黄色のお花がアクセントになった
素敵なテーブルです。

IMG_5531.JPG

いつも見惚れてしまう
小物使い、布使いです。

IMG_5524.JPG

こちらは、エレガントな桃の節句のテーブル。


IMG_5519.JPG

アースカラーにピンクが生えます。


2013年01月11日

連続講座第9回の報告

名古屋陶磁器会館連続講座
第9回を開催しました。
テーマは、
「名古屋陶磁器が消費者に届くまで」

IMG_5493.JPG

陶磁器食器がメーカーで製造されてから
どのような経路を経て消費者の手元に届くのか?
海外と国内それぞれの市場では、
全く異なったマーケティングが必要であることを、
日本陶磁器産業振興協会の白山和雄専務理事、
財団法人名古屋陶磁器会館の鈴木俊昭理事より
ご講演いただきました。

次回は、2月8日の金曜日
今年度の連続講座は最終回になります。
講師は、名古屋文化遺産活用実行委員会
古池嘉和会長(富山大学教授)、
テーマは、歴史的界隈に遊ぶ(仮称)です。
posted by pottery at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続講座