2012年09月30日

絵付け体験とボランティアさん

taiken2.jpg
久しぶりの絵付け体験のお客様。
若いてかわいい子は、作品もキュート!

taiken.JPG
新しくガイドボランティアに参加してくださった方が、
お手伝いしてくださいました〜。
若いキュートな女の子たちと、
綺麗なお姉さん的なボランティアさんと、
いつもの陶磁器会館とはちょっと雰囲気が違って
新鮮でいい感じでした。
ありがとうございます。
posted by pottery at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2012年09月28日

9月のテーブルコーディネート

今回のテーマは
「ナチュラルな秋のテーブル」。

草や木の実を使った
自然な色合いのコーディネイトに
素朴な器が合います。

table1.jpg

table2.jpg

2012年09月27日

クリスマスのノベルティ(2)

先回ご紹介したサンタさんは、
アメリカの画家でイラストレーターの
ノーマン・ロックウェルの画をもととしたノベルティでした。

今回紹介するサンタさんも、とってもかわいい!
ll.jpg
写真のノベルティは、
スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンのデザインです。
日本でも人気があり、
世界中にファンをもつ作家さんです。

JN.jpg
こちらの写真のノベルティも、
同じくスウェーデンのイラストレータ
ジェニー・ニストロムのイラストをもととしています。
スウェーデンではとても人気があり、
裏のマークから、
カルマス群博物館のショップで販売されたものと思われます。
URAMARK.jpg

このような世界の人気作家さんのノベルティたちが
日本でつくられ、世界へ輸出されていたんです。

クリスマスに関する陶磁器情報をお持ちの方、
ぜひ、当館まで情報をご提供くださいませ。
posted by pottery at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展

2012年09月26日

絵本展どうぶつだらけ

文化のみち橦木館 企画展
橦木館で楽しむ絵本の世界 その2
「どうぶつだれけ」が始まりました。
poster.jpg

和室のお部屋に絵本が展示されています。
doubutu.jpg
doubutu2.jpg
ほっとする空間です。

2階の洋室では、
nikai.jpg
当館所蔵のどうぶつたちを展示してもらっています。

dogcat2.jpg
写真のワンちゃんやネコちゃん、
鳥や牛のかわいいどうぶつたちが待っているので、
ぜひ、会いにいってあげてくださいね。

posted by pottery at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展(他館)

2012年09月25日

クリスマスのノベルティ

2009年より当館では毎年、
クリスマスの陶磁器展示の企画展を開催しています。
今年も4回目のクリスマス企画を予定しています。

その前に、
ドームやきものワールド(11/16-21)に
クリスマスのノベルティを出品することになりました。
その準備も少しずつ始めています。

santa2.jpg
サンタさんのやさしい表情!
やきものとは思えないリアス感!
写真は、作品の一部です。
全体像は、ぜひ、実物を...
ドームやきものワールド、または、
名古屋陶磁器会館(12月)にてお楽しみください。
santa.jpg
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展

2012年09月23日

職人の技を伝える講座

wazakoza.jpg

盛り絵職人による技の講座を
10月2日(火)13:30より開催します。
講師は高木はるゑ先生

イッチンによる盛り絵は、
名古屋絵付けの代表的な技法ですが、
盛り絵職人さんは、
現在では高木先生おひとりとなってしまいました。

講座の参加定員は満員となっておりますが、
見学していただくことはできますので、
一人でも多くの方にご見学いただき、
名古屋の陶磁器産業を支え続けた
職人技に少しでも触れていただければと思います。

20120922a.jpg
高木先生が講座用に絵付けた教材です。

20120922.jpg
高木先生の師匠さんの作品です。
師匠の技は、目で見て、
「習った」のではなく、「盗んだ」そうです。
絵の具を触らせてもらえるまで数年!
そんな昔話もお聞かせいただけるかも。
posted by pottery at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵付け教室

2012年09月21日

咸臨丸 顕彰祝典記念プレート

20120920.jpg
瀬栄陶器製の記念プレートを寄贈いただきました。

日米百年祭
咸臨丸が浦賀からサンフランシスコへ出発した1860年
それから100年を経た1960年に
咸臨丸の顕彰祝典記念として造られた記念プレートです。

20120920b.jpg
お皿の裏には、
瀬栄陶器のマークが入っています。
壁に飾れるように、穴が四つあけられています。
この形状の飾り皿は、
ピカソやジャン・コクトーのデザインのものもご寄贈いただいています。
磁器よりも軽い素材です。

posted by pottery at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2012年09月20日

建中寺見学会

愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会
文化財活用講座、24年度第2回は、
尾張徳川家の菩提寺である建中寺の見学でした。
2代藩主光友が父義直の菩提を弔うため
1651年に建立したお寺です。

県指定文化財の御霊屋は
現在修復中ということで、
特別に見学させていただくことができました。

登録有形文化財である徳興殿は、
旧名古屋商業会議所本館(明治29年築)を
昭和9年に移築した木造2階建てで、
名古屋市街地に建つ木造建築としては最大級なんだそうです。

20120917b.jpg

20120917.jpg
格天井の葵の御紋は、
移築後に描かれたものです。

20120917c.jpg
徳興寺の2階の窓からの景色ですが、
名古屋の住宅街の景色とは思えないです。
(当館からは徒歩10分ほどのところにあります。)


posted by pottery at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化財

2012年09月18日

「負けて、勝つ」登場シーン

NHKドラマスペシャル
「負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜」
当館の2階で撮影したシーン
第2話では一瞬映っただけだったので、
「分からなかった〜」と、皆さんに言われてしまって。

第3話では、
ぜひ、下の写真を覚えてください!
ロの字型のテーブルの正面(矢印のところ)に
吉田茂(渡辺謙さん)が座って、
力強く語るシーンが登場します。
DSC02523-thumbnail2.jpg

設定は、日本自由党の本部です。
特徴は、床の模様と照明器具でしょうか。
次回は気づいてくださいね。

posted by pottery at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2012年09月17日

日陶連原料ビル

日陶連原料ビルという建物にお邪魔しました。
当館から徒歩で10分ほどの位置にあります。

陶磁器の原料を扱っていた会社の倉庫で
ぼさのばコンサートを開催するということで、
どのような演出がされるのかとても興味がありました。
会場は、小原の和紙作家の方の作品による
和紙のほのかな明かりのなか、
自然な優しい空間となっていました。
そして、
旅の音楽家丸山祐一郎さんの演奏と
奥様のこやまはるこさんの透き通る歌声に感動しました。

主催してくださった方のお話では、
陶磁器の原料の汚れが染みついた倉庫を
丁寧にコツコツとお掃除をして、
コンサートの準備をさなったそうです。
この倉庫は、間もなくリフォームされ、
上質な生活雑貨屋さんに生まれ変わります。

建物は、時代の流れとともに
陶磁器原料の倉庫としての役目は終えても、
建物を大切に思ってくださる人たちの力によって、
新たな役目を得て、活かされていくのです。
素晴らしいことですね。

20120917.jpg
写真はコンサートの後の懇親会の様子です。

posted by pottery at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東区

2012年09月15日

業界人のお話第29回

業界人のお話第29回を更新しました。
http://nagoya-toujikikaikan.org/gyokai/gyokai_29.html

お話いただいた方は、「春日」の陸浦冨士之さん
名古屋陶磁器会館のすぐそば、
赤塚にあった輸出商社「春日」のお話。
「春日」は三郷陶器の出資会社です。

陸浦さんは、海外経験も豊富で
さまざまな体験談をお持ちの方ですが、
とても控えめにお話してくださっています。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界人のお話

2012年09月14日

陶磁器会館に鞄屋さんがオープンしました

名古屋陶磁器会館の1階に
手作り(手縫い)の鞄屋さんがオープンしました。
103c.jpg
入口の看板も手作り。雰囲気ありますね。

103b.jpg
ショップの様子はいかがでしょう。素敵な空間ですよ。

103d.jpg
カウンターの向こうに写っているのがオーナーであり職人!
いつもこのカウンターに座って、手作りしています。
とてもフレンドリーで優しいオーナーさんなので、
気軽にショップをのぞいてみてくださいね。

オープン時間は、
日曜日〜金曜日の11時〜17時
土曜日はお休みですが、時々開いているかも?

103a.jpg
ショップには、シルバージュエリーのコーナーも。
こちらの商品も当館の店子・ジュエリーデザイナーさんの作品です。
とってもかわいいデザインなんですよ。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年09月13日

渡辺謙主演「負けて勝つ〜戦後を創った男・吉田茂」

名古屋陶磁器会館2階で、NHKドラマのロケが行われました。
写真は6月のロケの様子です。
放送が始まりました。
DSC02535.jpg

DSC02523.jpg

DSC02532.jpg

当館の2階は民主自由党本部の設定です。
第2話(9/15)と第3話(9/22)に登場します。
珍しい意匠の大きな照明が特徴的なので、
このお部屋が登場したら、陶磁器会館だ!っと思ってください。

放送は、NHKドラマスペシャル「負けて勝つ〜戦後を創った男・吉田茂」
9月8日(土)より毎週土曜日(連続5回)夜9時〜10時13分

posted by pottery at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2012年09月08日

てくてくみしる

10月6日(土)〜8日(月・祝)
「いくいくみしる」というイベントが開催されます。
その企画のなかで、
「てくてくみしる」として、
東区まちそだての会が主催する
善光寺みちを歩いてみる企画があります。
ikuiku.jpg

本日は、予行練習ということで、
私も一緒に歩いてお勉強させていただきました。
mitishirube.jpg
講師の西尾先生から街道についての基礎知識を含め、
善光寺みちについて教えていただきました。

mitishirube2.jpg
この道しるべは、明治10年頃に造られたそう。

kumanoya.jpg
善光寺道筋にある「熊野屋」さんの資料室入口です。
熊野屋さんは、お城(名古屋城)に油を納めていた由緒ある商店です。

edotizu.jpg
熊野屋さんの資料室に展示したあった地図は、
今の地図とは向きが違っていて
珍しいという話題で盛り上がりました。
地図上にお城は載っていないけれど、
お城を地図の上に来るように書かれた地図みたいです。(matsui)

詳しくは、
「いくいくみしる」のFBへどうぞ。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2012年09月06日

所蔵品の写真撮影

所蔵品のデータベース化に向けて
所蔵品の写真を撮影しています。
撮影は、当館3階に写真スタジオを構える
プロのカメラマンさんにお願いしています。
satuei.jpg
被写体は大きさも形もバラバラですし、
割れ物の取り扱いには細心の注意が必要ですし、
何といっても、
限られて時間内に量をこなさなければならず、
しかも!
当館にはエレベータもありませんので、
3階まで重たい所蔵品を運ぶのは大変な作業です。

本日から撮影いただいているのはクリスマス関連のものです。
x0002.jpg
「ドームやきものワールド」(11/16〜22)に出展する予定のノベルティ

x0027.jpg
クリスマスレッドが鮮やなディナープレート

x0052.jpg 
Christian Diorのナプキンリング
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示

2012年09月05日

防衛食器

先日の手榴弾に引き続き、
水野洋二様より
陶磁器製の防衛食器をご寄贈いただきました。
戦時中、金属の代用品として
名古屋(瀬栄陶器)で製造された手榴弾と防衛食器、
どちらも残っていないものと諦めていましたが、
このたびの、合わせて皆さまにご覧いただけることとなりました。

bouei.jpg
futa.jpg

防衛食器とは、いわゆる缶詰です。
戦時中の物資不足により、金属の代用品として、
陶磁器で造られた真空容器のことです。
完成に至るまでには相当な苦労があったそうです。

他には、
OCCUPIED JAPAN製の花台、
ラスコーをモチーフとした花活け、
ピカソやジャン・コクトーのデザインの飾り皿など
瀬栄陶器を代表する製品をご寄贈いただきました。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業