2012年08月31日

WHITE HOUSE特注品

名古屋のある食器メーカーさんより、
WHITE HOUSEに納めたという
高級食器をご寄贈いただきました。

IMG_2638.JPG

IMG_2641.JPG

IMG_2640.JPG

レーガン大統領夫人に好まれて、
WHITE HOUSE特注品として
この名古屋から納められたものです。
posted by pottery at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示

2012年08月28日

「やきものに親しもう!」焼き上がりました。

夏休み「文化のみち」こども教室
「やきものに親しもう!」で
子どもたちが創作してくれた粘土が
焼き上がりました!

先生が釉薬をつけて焼いてくれてのですが、
小野先生が扱う釉薬の色は、
とても美しく、種類も豊富なので、
どの子の作品も、とってもかわいく出来上がっています。

全員の作品は掲載できませんので、
数作品をご紹介いたします。
a.JPG

b.JPG

c.jpg

d.JPG

e.JPG

f.jpg

j.jpg

k.JPG
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2012年08月27日

連続講座 第5回報告

名古屋陶磁器会館 連続講座 第5回は、
「文化で異なる陶磁器」について学びました。

IMG_2546.JPG
第1部の鈴木俊昭先生より、
国内外の陶磁器産地の特徴や、
国(文化)によって食器の好みが違うことなど、
基本からわかりやすく解説いただきました。

IMG_2549.JPG
第2部の安藤栄子先生からは、
H&R「ホテル&レストラン」のデザイン開発について、
食器が果たす役割や意義なども教えていただきました。

中華料理レストランでよく使われる「竜」のデザイン、
竜の爪は、3本なのか、5本なのか、
これにも意図があるのだというお話もありました。

当館所蔵品には、「竜」のデザインのものが
たくさんありますので、
さっそく、確認してみました。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続講座

2012年08月24日

まぼろしの手榴弾

本日、水野洋二様より
貴重な資料をご寄贈いただきました。

SYURYUDAN.jpg
写真の物は、何?だかお分かりでしょうか。
戦時中に作られた陶磁器製の手榴弾です。
(瀬栄陶器製)

NIHONKEIZAI.bmp
Page0001.jpg
【日本経済新聞 昭和55年12月3日】
日本経済新聞の記事にも
本来鉄製の手投げ弾を陶器で作る試みが
実際に行われたことが書かれています。

他にも、
NOBERU.jpg
美しい顔のビスクドール(一部)

2.jpg
ギリシャ彫刻のようなノベルティ(一部)
衣の絵付けは金彩です。

3.jpg
三角透かしのランプシェード(一部)
三角形の透かしは手作業で開けられたものです。

水野洋二様は、
名古屋陶業のリーダーとして
業界の発展のために多くの偉業を果たした
瀬栄陶器の水野保一社長のお孫様にあたります。
貴重な資料をご寄贈いただき感謝申し上げます。

これらのご寄贈品は、
当館展示室にて、ただいま展示しております。
posted by pottery at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2012年08月02日

夏休み子ども教室

「やきものに親しもう!」では、
陶芸家の小野穣先生より
やきもにについてのお話をしていただきました。
1.JPG

みんなが楽しみにしていた「ねんど」、
ぬるっとした初めての感触に、
思わず笑顔が飛び出します。
4.JPG

最初は何を作ったらいいのか?困っていた子どもたちも、
自分の好きな作品作りに取りくみ始めました。
みんな真剣な顔に変わります。

「でこぼこを平らにするのはどうしたらいいの?」と
先生への質問もいっぱい出てきますね。
11.JPG

保護者の方々も、一緒に楽しんでいらっしゃいました。7.JPG

完成作品は、乾燥、素焼き、釉薬、本焼きを経て、
一か月ほどで焼きあがります。
10.JPG

【先生の作品】
2.JPG
3.JPG

同じねんどから、
先生のような美しい作品が生れるのですから、
みんな、びっくりしていました。
焼き上がりが楽しみです。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント