2011年06月30日

マイプレートに転写

名古屋在住の外国のお客様8名
転写紙貼り体験をしてくれました。

そのなかのお一人から、
自分の持っている白いプレートに
転写紙を貼りたいという事前申し出があり、
ご自宅からプレートをご持参いただきました。

アメリカで購入されたというそのお皿の裏印をみると、
20110630b.jpg
『Japan』の文字が...
岐阜県土岐市で造られアメリカに渡ったものと分かり、
みんなで驚ろいていました。

裏にご本人のサインも入れて、
オリジナルのお皿へとリニューアルされました。
20110630.jpg

20110630a.jpg

posted by pottery at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2011年06月28日

クリヨン画転写

20110622.jpg
小学生の女の子が体験してくれた
クリヨン画転写貼り体験の作品です。

この体験は、
白い転写紙にクリヨンで
自由に絵を描き、お皿などに転写し焼き付けます。
もちろん、転写紙もクリヨンも
陶磁器の上絵付け専用のものです。

この作品を作ってくれた女の子は、
とっても楽しかったということで、
早速、夏休みにも予約を入れてくれました。
出来上がった作品を直接手渡しすることはできなかったので、
気に入ってくれたかな?と気になっていましたので、
再度、予約してくてうれしく思います。
今度は弟さんも一緒に挑戦だそうです。

20110622a.jpg

20110622c.jpg

posted by pottery at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2011年06月17日

6月のテーブルコーディネート講座

20110617table.jpg

何気なくセンターに置かれた短冊が
七夕の季節を思い出させてくれました。

みんな、どんな願い事をするのかな?
涼しげなテーブルコーディネートに
会話も弾みそう。

20110617.jpg
食卓には飾られた美しいお花に
心が癒されます。続きを読む

2011年06月16日

焼き上がり作品(東山小学校)

20110615.jpg
26名全員の作品がきれいに焼き上がりました。

20110615a.jpg

20110615b.jpg
学校へ戻るバスの時間を気にしながら、
限られた時間のなかギリギリまで
転写紙を貼り続けた子供たちの作品です。
取っ手やカップの底など、
手が届かず貼るのが難しかった箇所も
きれいに焼き上がっています。
みんなの喜ぶ顔が見たいですね。


posted by pottery at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2011年06月12日

近代国際陶磁研究会

近代国際陶磁研究会主催の研究発表が行われました。
七宝について3人の先生が発表されました。
 
同時に、明治初期に名古屋で絵付けされた作品が展示されていました。
『磁胎七宝』
20110612.jpg
20110612a.jpg

『磁器上絵付け』
20110612b.jpg
20110612c.jpg

写真のように派手やかな色遣いは名古屋絵付けの特徴だそうです。
他ではこのような派手な色遣いのものはないとのこと。
華麗で精巧な絵付けに職人さんの魂が感じられます。
posted by pottery at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展(他館)

2011年06月10日

東山小学校の子供たち

今年も東山小学校の子供たちが転写紙貼り体験に来てくれました。

20110610.jpg
展示室にてガイドボランティアさんから
「ミニ体験セット」を使って解説をしてもらいました。
磁器の光を通す特性や
手描きやゴム版による絵付け方法などを学んでもらった後、
転写紙による絵付けを実際に体験してもらいました。

20110610a.jpg
みんな、好みの転写紙選びを楽しんでいます。
お揃いのマグカップを作ろうと相談している
女の子たちの姿が微笑ましいです。

20110610e.jpg

20110610b.jpg

転写紙を貼り終わったら、
最後に、筆を使ってサインを描きます。
磁器は吸水性がなく、絵具が滑ってしますので、
紙に書くようにはうまく書けないのですが、
がんばって挑戦してくれました。
20110610d.jpg
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2011年06月02日

NHKBSプレミアム『新日本風土記』

ガイドボランティアの伊藤喜雄さんが、
NHKBSプレミアム
『新日本風土記』に出演します!
文化のみち・二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)の案内役だそうです。

番組HPの予告内容によりますと
近代建築 夢のかたち
近代国家の建設にまい進した明治以後の日本。
その意気込みを形にしたのが建築だった。
西洋に倣った役所や学校、住まい。
一つ一つに、作り手である建築家や住む人たちの夢や理想が託され、
やがて日本独自のスタイルを持った名建築が生み出される。
明治から昭和にかけて各地に建てられた名建築と、
人々が織りなす物語から、「日本人の夢の軌跡」を浮き彫りにする。

オムニバス項目(予定)
 「ロマンスを秘める邸宅」:
   女優・川上貞奴が引退後に名古屋に建てた「二葉御殿」。
   ここで貞奴は、妻子ある恋人と生活を共にする。
   自由な生き方を追い求めた大正時代の精神を形にした建築の魅力に迫る。
とあります。

名建築とそこに秘められた物語の魅力に迫る!
近代建築ファンにとって見逃せない内容ですね。
  
番組名: 『新日本風土記』
放送日: 6月3日(金)午後8時〜
再放送: 6月5日(日)午前10時〜
再々放送:6月7日(火)午前8時30分〜

番組のHPは
http://www.nhk.or.jp/fudoki/index.html

          by matsui
posted by pottery at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

中日ショッパー

20110602a.jpg
[6月2日掲載記事]

毎週木曜日に発行される
中日新聞の情報誌「ショッパー」に
当館の上絵付け体験のことが掲載されました。

即、反響がありまして、
上絵付け体験の予約が3件入りました。

やはり多くの問合せが、
当館へのアクセル方法です。
大通りからわずか中に入っていますので、
ちょっと分かりにくく、迷われる方が多いので心配です。
大通り(19号線)沿いにある「紫雲殿」の斜め前です。
「紫雲澱」を目標に来てください。

体験を希望される方は、予約をお願いします。

     by matsui



posted by pottery at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ