2011年05月31日

転写紙貼り体験

本日は転写紙貼り体験の流れを説明します。

まず、棚の中に並ぶ白い素地を選びます。
今回はマグカップが人気でした。
20110531.jpg

次に、数十種類もの転写紙の中から
白素地に貼りたい転写紙を選びます。
20110531a.jpg
窓側に並ぶ転写紙を皆さん真剣に選んでいます。20110531b.jpg
転写紙を選び終えたら、
好みのデザインに合わせて、
転写紙を切ったり、並べたり、自由に配置して、
シールを貼る感覚で貼っていきます。
20110531c.jpg
皆さんの作品それぞれ個性があり素敵でした。
写真は今日の一押しのデザインです。
DSCF8284.JPG
写真は焼き上がりの見本ですが、
この転写紙を一輪ざしにぴったり合うように切って、
考案されたデザインは力作です。
焼き上がりが楽しみです。

          by matsui



posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転写体験

2011年05月27日

高年大学のご見学とウグイス徳利

20110528a.jpg

20110528.jpg
ミニ体験コーナーの様子。
ピ〜とかわいい音の鳴るウグイス徳利が人気です。

団体さんのすぐ後にも、このウグイス徳利、
大阪から観光に来られたお客様が、
「買わないと帰ってから後悔するかな?」
「すぐに飽きちゃうかな?」
と、迷いながらもお買い上げくださいました。
飽きてしまったら、リサイクルして
大阪でどんどん広めてください!
とお願いしてみました。

          by matsui

posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学

2011年05月20日

高校生と地域との連携

0523aisyo.jpg

本日は、愛知商業高校の生徒さんたちが先生と一緒にご来館。
当館から一番近い学校ですが、
生徒さんが見学にきてくれたのは初めてです。

蜜蜂の生息区域を調査しているとのことでした。
授業の一環として、蜜蜂を育て、その蜜を
地域の産業に活かしていくという取り組みです。

この地区には、有名な和菓子や洋菓子のお店、
レストランもたくさんありますから、
地元の高校生が育てた蜜がおいしいものに。。。
商業高校ならではの楽しい授業です。

          by matsui

posted by pottery at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学

5月のテーブルコーディネート

20110520table.jpg

初夏のテーブルコーディネート。
ビタミンカラーに涼しげなガラスの器も素敵です。

                by sugiura
posted by pottery at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋陶業

2011年05月13日

文化のみち・橦木館

20110513.jpg
文化のみち・橦木館の2階の展示が一部リニューアルされました。

20110513b.jpg
窓側のこのコーナーでは、
『磁器のできるまで』と『輸出までの製品の流れ』
が紹介されています。
形成した時の大きさと比べると、
本焼き後は13%小さくなると説明されていますが、
現物を見ることができるので、一目瞭然です。
想像以上に小さくなるのだと実感し、
ちょっとびっくりもしました。
また、
白素地の供給地である東濃・瀬戸→文化のみち界隈→名古屋港→海外
という流れが、地図で紹介されていて、わかりやいです。

20110513a.jpg
アンティークなケースのなかに展示されているものは、
橦木館(旧井元邸)の主である井元為三郎が創業した
井元商店時代の製品で、海外からの里帰り品です。
木毛(もくめん)を使い、昔の時代を演出した展示方法がいいです。
posted by pottery at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化のみち