2010年11月22日

3階増築部分の耐震補強工事

11月18日、第5回
愛知県登録文化財所有者の会世話人会が開催されました。

世話人会の会議の前に、
現在進行中の名古屋陶磁器会館
保存修理工事の現場を見学して頂きました。
20101118c.jpg

現在、3階増築部分の耐震補強工事現場は、
壁がすべて撤去され、スケルトン状態です。
「リベット」を使用した鉄骨が出現!
20101118b.jpg

20101118a.jpg
これが残されているのは珍しいそうで、
「残してよかったですよ。」と、
明治村の長谷川先生から仰って頂くことができました。
また、綺麗に壁で覆ってしまう予定なのですが、
すべて覆い隠してしまうのは勿体無いことなのかもしれません。

この部分は、新築当時は屋上だった場所。
戦後直後に増築されていますので、
すでに、60年以上が経過しています。
覆われていた壁を取り除いてみると...
リベット使用の鉄骨のほかにも、
外壁のスクラッチタイルや開かずの扉が現れて、
歴史を重ねてきた足跡が続々と出現しています。
20101118f.jpg

20101118d.jpg











posted by pottery at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 修繕工事

2010年11月19日

ドームやきものワールド

今年の「ドームやきものワールド」      
(11月12日〜11月17日 ナゴヤドームにて)で
一番心を惹かれたものは、
瀬戸のブースの「ぎゃらりーもゆ」さんの出品していた
お花柄のかわいいカップやお皿たち。
土鍋の蓋までが、全面お花柄でした。
そのお花柄は、可愛いだけではなく、
とても眩しく輝いていて、
優しさと美しさを兼ね備えているといったイメージです。
リーフレットもしっかり頂いてきました。
20101119.jpg

その後、いつもお世話になっている
瀬戸陶磁器工業協同組合池田洋幸理事長(蟹MARUYO社長)さんのご紹介で、
瀬戸まちづくり会社の方とお話をさせていただいていると、
その方が「ぎゃらりーもゆ」を仕掛けたとのこと、
なんて奇遇なのでしょう。
瀬戸まちづくり会社は、瀬戸市の第3セクターで、
瀬戸中心市街地活性化のために各種事業の企画・運営に携わっているとのことでした。

「ぎゃらりーもゆ」さんのお店は、
築100年ほどの木造2階建ての長屋を活用しているとのこと。
古い建物を活用しているところも魅力に感じます。




posted by pottery at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶磁器産業

2010年11月10日

卓育セミナー

「歩こう!文化のみち」での
当館で開催したもう一つのイベント
卓育セミナーの様子です。
DSC00102.JPG

下の写真は、オリジナルのランチョンマットに
クレヨンで色を塗ってもらっているところです。
このランチョンマットには、
お箸、お茶碗、お椀や副菜などを置く位置が
分かるように書いてあります。
DSC00092.JPG

書いてある通りに並べると下の写真のようになります。
このオリジナルランチョンマットは、
ラミネート加工して、お土産にお持ち帰りしてもらいました。
忘れないように、毎日お家でも使ってもらいたいですね。
DSC00100.JPG

当日の詳しい様子は、
名古屋のケーブルテレビ・スターキャット
「天ちんアワー どえりゃ〜7時」の番組の中で、
11月8日(月)〜12日(金)まで
夜7時〜毎日放送してもらっています。
ぜひ、ご覧下さい。
http://www.starcat.co.jp/scch/amachin/
posted by pottery at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験教室

2010年11月05日

「歩こう!文化のみち」とフォーラム

11月3日の「歩こう!文化のみち」の日は、
とても良いお天気で、多くの方に、
文化のみちの魅力を味わって頂けたようで良かったです。

当館では、
名古屋学院大学の古池嘉和先生(地域連携センター長)プロデュースによる
フォーラム「やきものがつなぐ文化の道
〜陶街道の実現を目指して」が開催されました。
パネリストの皆様から、
とても勉強になるお話をお伺いすることができました。
今回のフォーラムをきっかけとして、
各やきもの産地との交流を深めていくことができれば幸いに思います。
20101103a.jpg

20101103b.jpg
[会場の様子]

20101103k.jpg
[フォーラム終了後の記念撮影]
posted by pottery at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化のみち