2009年11月30日

企画展開催中

Heya1_2



本日よりクリスマスの企画展が始まりました。



クリスマスデザインの展示作品が
200点以上並び
すっかりクリスマスムードに包まれました。



Haya  





posted by pottery at 22:00| Comment(0) | 企画展

2009年11月28日

企画展の準備

11月30日月曜日からの企画展に向け、
展示の準備作業を行いました。



ボランティアの方々がお手伝い下り
とても助かりました。

1
イルミネーション設置の様子



2
皆さま、ありがとうございました。

posted by pottery at 22:10| Comment(0) | 企画展

2009年11月27日

テーブルコーディネート

「やきものワールド」の見学中、ちょうど
NPO法人食空間コーディネート協会のブースで
コーディネートの祖父江加代子さんが
テーブルコーディネートの講習を開催していました。

Sobue



当館で11月30日から開催する企画展で
祖父江加代子さんによる
テーブルコーディネートを展示する予定ですので、
思わず写真を撮ってしまいました。



祖父江さんのテーブルコーディネート、
ぜひ、当館の展示もご見学ください。

posted by pottery at 21:54| Comment(0) | 企画展

2009年11月26日

やきものワールド

11月20日〜25日まで名古屋ドームで開催された
「やきものワールド」を見学しました。



Seto



「日本の美 〜世界を彩った瀬戸焼〜」
この瀬戸焼きのブースに魅了されました。



19世紀頃の輸出用の陶磁器製品は
数十年前までは国内には残っていなかったそうです。
展示されていた作品は
歴史的資料として海外から買い戻されたものだそうです。



Setosakuhin



どの作品も芸術的な作品でしたが
これらの作品が輸出された頃は
芸術作品としてではなく、
一般製品として海外の市場で流通していたとのこと。
そのことに驚きました。



とても丁寧に説明してくださったスタッフの方
ありがとうございました。

posted by pottery at 21:39| Comment(0) | 企画展

2009年11月21日

展示作品

Santasara

展示作品の写真です。
アメリカっぽいデザインだと思います。
サンタさんの表情が魅力的な、
4枚シリーズになっています。



Santasara2
こちらのデザインもユニークで楽しい!

posted by pottery at 23:05| Comment(0) | 企画展

クリスマス企画展のお知らせ

Tirashi
11月30日からクリスマスの展示を開催します。
輸出陶磁器業界にとって
最大の市場であった米国のクリスマス。



このコーナーで企画展について
ご紹介していきたいと思います。



まずは、チラシに使用しているデザインは
展示作品の中から選びました。
1990年頃のディナープレートで、
米国の高級百貨店で販売されていた製品です。
素敵なデザインがいっぱいで
迷ってしまいます。



Haikei

posted by pottery at 22:53| Comment(0) | 企画展

2009年11月09日

「歩こう!文化のみち」2009

今年も「歩こう!文化のみち」参加しました。
今年は540名のお客様に来館頂きました。

Dscf8992a
[受付の様子]

今年一番の寒さになりましたが、
ボランティアの学生さんが
元気に受付作業をしてくれました。

転写紙貼り無料体験も実施しました。
Dscf9015a
[転写体験の様子]



来年は、職人さんによるデモや
業界人の方による昔話や
来館者の方々に寄せ書きのように
大皿に絵具で記念に何か描いてもらい
メモリアルプレートみたいなものも
作ってみたいな〜とも思っています。



イベントの日は賑やかで明るい雰囲気の
会館をお楽しみいただけたことと思いますが、
日頃は、静かでノスタルジックな雰囲気を
お楽しみいただけますので、
また、ぜひ、お越しいただきたいと思います。

posted by pottery at 16:55| Comment(0) | 文化のみち

2009年11月05日

悲しい出来事...再び

映画のワンシーンのような
西洋人の男女が見つめ合う透かし入りカップ
(2008年6月10日のブログも参照ください。)



ショックなことに
先週の「バレリーナの透かしカッップ」に続き、
今日、紛失していました。



このようなリスクも想定しておりましたが
それでも、
皆様に手に触れて体感してもらいたい!
その思いが強くて...

持ち帰ったしまった方は
きっと軽いお気持ちだったのでしょう。
誰かにお見せしたかったのかもしれません。
いつか、そっと、お戻し下さい。

posted by pottery at 21:49| Comment(0) | 展示

嬉しい出来事

見学に来てくださるお客様との会話のなかで、
会館や陶磁器やその他諸々、
大切な体験談や情報をお聞きすることができます。

そのような貴重なお話は
多くの人と共有しなければ勿体無いと思い、
このブログに日々更新するようにしています。

以前、見学にみえたお客様から伺ったお話を
ブログに書かせて頂いていたのですが、
そのブログをお読みになったご本人が
「うれしかったから...」とおっしゃって
手土産まで持参くださいました。
見学に来て下さるだけで十分なのに、
びっくり!恐縮してしまいました。
再来してくださること、
これほど嬉しいことはないです。



会館に関心をもって下さる方々皆さまが
会館の応援団なんだと実感しました。



2009年4月27日のブログのお話の方でした。
ありがとうございました。

posted by pottery at 21:13| Comment(0) | 見学

2009年11月02日

悲しい出来事

当会館にはカップの底を
光に透かすと芸者さんが透けて見える
輸出向け製品の展示とともに
販売もしております。

国内では珍しいものですので、
皆様にもお楽しみいただきたくて、
第3展示室では
さらに珍しい「バレリーナ」の透かしや
「見つめ合う西洋風の男女」の透かしを含め数点、
実際に手に触れて
体感してもらえるようにしていました。

ところが、先週のこと、
「バレリーナ」の透かしのカップが紛失していました。
こんな悲しいことはありません。

外国のバイヤーの注文により
「バレリーナ」の透かしを
開発したのだと思うのですが、
「バレリーナ」って何だ〜???って
そんな職人さんの呟きが聞こえてきそうな
開発に携わりった人たちの思いも一緒に
皆様にお伝えしたくて
手に触れるところに置いていたものなので、
残念でなりません。



「バレリーナ」の透かしについては
2008年5月27日のブログで
写真を掲載しています。
バックナンバーもお読み頂けるとうれしいです。



posted by pottery at 16:25| Comment(0) | 展示