2009年08月28日

デコ盛職人・小嶋隆さん

Kojima



デコ盛職人さんによる絵付け風景のお写真を
小嶋隆さんのご家族の方からお借りしました。

写真に写っているのはデコ竜
当館にも多く展示している絵柄です。
イッチンとういう道具(金口)を使って
盛りを施している様子がうかがえます。

貴重なお写真を提供くださりありがとうございます。

posted by pottery at 16:35| Comment(0) | 名古屋陶業

2009年08月13日

初!水性えのぐ絵付け体験

本日午後からの体験のお客様、
初!水性えのぐ絵付け体験して頂きました。



Enogu



体験中は皆さん真剣に作業されいて、
写真を撮って、お邪魔するのは申し訳ない?と思うほど...
終了後は皆さんいい笑顔で「ハイ!ポーズ」です。

今日まで、自由に好きな絵を描いてもらう体験は
難しいかも?と心配していましたが、
そんな心配は御無用!とばかりに
皆さん、スラスラと描いていました。
しかも、とてもお上手で、感心してしまいました。
体験ありがとうございました。

posted by pottery at 20:51| Comment(0) | 転写体験

初!クレヨン転写紙体験

先月の終わりから始めました新しい体験、
クレヨン転写紙貼りの体験、
本日、初!体験のお客様の記念写真です。
Kureyon



予想通り、思いっきり楽しんでいただけて、
私たちスタッフもとてもうれしかったです。



Kuriyon2



自分で描いたクレヨン画をどこに貼ろうかな〜?
まるでパズル合わせのようです。



Kureyon3
お疲れ様でした。
焼き上がりを楽しみにお待ちくださいね。

posted by pottery at 20:41| Comment(1) | 転写体験

2009年08月11日

陶磁器出土

ご近所の親子さんが見学に来てくださいました。
夏休みの宿題のため、「明治」の足跡を求めて...


明治期の作品や古い看板など
実際に目に触れてもらえました。



学区の小学校のすぐ裏の公園を大規模清掃した時、
土の中から陶磁器の欠片が大量に出土したという
興味深いお話をお伺いしました。



「この町を掘ると、絶対に陶磁器が出土する!」
「陶磁器発掘ツアーでもやりたい!」等々
以前にもそんな話をしていましたが...
やはり、出土するんですね〜

posted by pottery at 15:45| Comment(0) | 名古屋陶業

2009年08月07日

レトロさんぽ 名古屋・愛知編

Dscf8187

「レトロさんぽ 名古屋・愛知編」が発行されました。
名古屋陶磁器会館も掲載して下さっています。

冒頭に感動的な文章が載っていましたので、
思わず紹介したくて
以下に引用させて頂きました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
街を歩いているとき ふと目に止まる風景があります

絵本のなかに出てくるような 美しい洋館
味のある格子戸がはめられた 木造の日本家屋

ずっと昔から地元の人たちによって愛されていて
その年月や自信が たたずまいにあらわれている喫茶店や洋食屋

新しくつくられたものたちのなかで
長い年月を経たものに ひかれるのは
それらがまとった時間の重みだけではありません

次々と新しいものが生まれてくる時代
古いものを残していくのは 時代遅れという人もいらっしゃるでしょう

けれどはるか昔から 今ここにあるということは
古いものを大切にしたいと思う人が存在していたということ
そして その思いを受け継ぎ 実現してきた人がいるということ

思いが引き継がれているからこそ
輝きが増しているものも確実に存在するのです
この本のなかには そういったものをたくさん集めました

懐かしさや愛しさを感じられる ちょっとした時間旅行におつきあいください
----------------------------------------------------------------------------------------------------
[レトロさんぽ 名古屋・愛知編より]

posted by pottery at 11:50| Comment(0) | その他

2009年08月03日

文化のみち・橦木館

文化のみち・橦木館の見学



Dscf8099
館長の兼松さん 2階の展示室にて
こちらでは名古屋陶業の歴史について紹介されています。



Dscf8104
井元家に残されていたというトランクの上に
家主であった井元為三郎翁写真が飾ってあります。
その当時の生活を想像して楽しむことができます。

Dscf8115
ステンドグラスが特徴の橦木館
どこから撮影しても絵になります。
チェアーも井元家に残されていたそうです。
貿易商ですからモダンな生活をしていたんですね。



Dscf8152
以前は老朽化が激しくて近寄るのが危険だったという蔵
耐震補修工事を経て甦りました。
貸室として一般の方も使用できるそうです。



Dscf8164
橦木館ご自慢のお庭
その美しさにうっとり、癒されます。

posted by pottery at 11:26| Comment(0) | 文化のみち